家造りの情報

建築用語の基礎知識 さ行

サーキュレーター(さーきゅれーたー)
気調節などの循環器。天井によどみがちな暖気を下部に循環させ、上下の温度差をなくして均一化するための機械。
採光(さいこう)
一般には明かりを採り入れることだが、建築基準法では一部を除き、居室に求める採光上有効な開口面積で、住宅では床面積の1/7以上などと定めがある。
サイディング(さいでぃんぐ)
外壁をつくる方式の一種で、板状の外壁材、もしくはそれを張りつける方式全般を指す。住宅の外観に洋風ムードと高級感を漂わせる。水気を使わず、釘打ちやネジ留めで仕上げることが特徴。ツーバイフォー工法で建てられた住宅に多く採用される外壁といえる。
サイディング張り(さいでぃんぐばり)
幅が15〜30cm程度の金属板や石綿セメント板などを外壁に張るもので、竪横両方の張り方がある。
竿縁(さおぶち)
天井板を下から支えるために用いる細い部材。
竿縁天井(さおふちてんじょう)
天井の形式の一つ。竿縁と呼ばれる細い部材を並べて、その上に天井板を乗せたもの。
逆目(さかめ)
木目に逆らって削ることで、仕上がった面にもざらつきがある。
左官(さかん)
土壁や漆喰塗りなどの日本壁、モルタルやプラスターなどの塗り壁、叩き土間や人造石仕上げの土間など、水で練ってこてで仕上げる左官工事に携わる職人の総称。
下げ振り(さげふり)
糸の先端に金属製の逆円錐形のこれを垂らして鉛直を調べる道具。
簓(ささら)
階段の簓桁(ささらげた)の通称で段々形状のものを指す。
簓桁階段(ささらげたかいだん)
段板を下から支える形状の桁を側桁(がわけた)と区別して簓桁(ささらげた)といい、この簓桁と段板で構成された階段をいう。
指曲(さしがね)
指矩
指金(さしがね)
指矩
指矩(さしがね)
大工道具の一つ。表目、裏目(表目の√2倍)の目盛りが刻まれたL字形の直角定規。
差し鴨居(さしがもい)
鴨居高さの内法に入る成(せい)の高い横架材で、柱に差し口で取り合うことからこう呼ばれる。
指し鴨居(さしがもい)
差し鴨居
茶道口(さどうぐち)
茶室において亭主が茶をたてるために出入りする口。
サニタリー(さにたりー)
「衛生的な」という意味で、浴室・トイレ・洗面所の3カ所を指す。欧米では、これら3つが一体化しているのが普通だが、日本では、洗面所と浴室は一体化しているものの、トイレは別につくられるのが一般的。
実(さね)
板を矧(は)ぎ合わせる場合、相手の板の凹形の溝(小穴)に入れる細長い突起の総称。
錆丸太(さびまるた)
樹皮をあらかじめ立木の段階ではいでおき、表面に菌類などによって茶褐色の斑文を付けた丸太。
三六(さぶろく)
尺貫法による3尺×6尺の合板やプラスターボードなど、板状製品寸法の定尺呼称。
椹(さわら)
本州北部から九州北部にわたって分布し、特に中部の山岳地帯に多い。俗に「ヒバ」とも呼ばれる。
産直住宅(さんちょくじゅうたく)
林産業の素材をその地域で製材し、その木材を住宅の骨組として刻み加工まで行い、都市部の住宅需要地へ中間の流通をカットして木造住宅の建設を計る生産方式。
サンデッキ(さんでっき)
外部に張り出した広い面積を有する床で、本来的には日光浴を目的とする点でテラスと異なる。日当たりの良いことが絶対条件。
CAA処理(しーえーえーしょり)
クロム・銅・砒素(ひそ)系化合物を木材に含浸させて、防腐・防蟻の性能をもたせる処理のこと。防腐土台の処理としてはも最も多く用いられる処理。
CN釘(しーえぬくぎ)
JISに規定される「太め鉄丸釘」。太さによって色分け(緑、黄、青、赤)されており、枠組壁工法で使用される。
COP(しーおーぴー)
Cofficient Of Performance(成績係数)の略。冷凍容量または加熱容量Q(W)と、それを得るために冷凍機またはヒートポンプに与えたエネルギー量の熱当量Qiとの比(Q/Qi)で無名数。
シージングボード(sheathing board)(しーじんぐぼーど)
インシュレーションボード(軟質繊維板)にアスファルト処理を施し吸水性を下げたもの。
シート防水(しーとぼうすい)
塩化ビニールや合成ゴムシートなどの合成高分子ルーフィングを、合成ゴムまたは合成樹脂の接着剤で下地に貼り付け防水する工法。 Cマーク表示金物(しーまーくひょうじかなもの) (財)日本住宅・木材技術センターの定めた企画に合格したツーバイフォー工法用の接合および補強金物。
シーラー(sealer)(しーらー)
塗料。
シーリング材(しーりんぐざい)
各種部材間に生じる隙間に用いる充てん材の総称。
シェル構造(しぇるこうぞう)
甲羅、貝殻(shell)、鱗、鞘(さや)のように動植物の固い外皮に力学的原理を得た構造。
塩焼瓦(しおやきがわら)
粘土瓦の焼成の仕上げ段階で食塩を投入することで、瓦の表面の粘土がナトリウムと化合してガラス状化した赤褐色の瓦。
敷居(しきい)
鴨居と対をなす部材。
敷桁(しきげた)
柱頭を連結し、小屋梁または根太などを受ける桁。京呂組(きょうろぐみ)で小屋梁を受ける桁がこれにあたる。
式台(しきだい)
現在の住宅の玄関では、上下足の履き替えのための土間と上がり框の中間に設けられた板敷き部分を指す。
仕口(しぐち)
木材相互の組合せ方法で、2つ以上の部材の角度をもたせた接合をいう。
支持壁(しじかべ)
ツーバイフォー工法における耐力壁以外の非耐力壁とほぼ同様の壁の軸組。
支持柱(しじばしら)
ツーバイフォー工法において、耐力壁の配置と床梁等の補強だけでは床や積雪等の鉛直力を支えきれない場合に用いる柱。
システムキッチン(しすてむきっちん)
モジュール(基準工法)と組み立て方式があらかじめ定められた厨房設備のことを指す。主に、流し台・コンロ・レンジフード・調理台などが組み合わされている。
下拵え(したごしらえ)
現場での取付け作業の前に、あらかじめ大体の加工をしておく準備作業。木工事ではほぞ付けやほぞ穴彫り、継手・仕口の刻み、鉋(かんな)掛けなど。
下小屋(したごや)
工事中に大工や左官などが下拵えをするために設ける仮設小屋。
下地(したじ)
仕上材の取付けや貼付け、もしくは塗装や左官の塗付けをするために構成された部分。
下見板(したみいた)
建物の外壁に、板材を少しずつ重ねて横に張ったもの。
下枠(したわく)
ツーバイフォー工法による壁を構成する軸組部材の一つ。
湿気工法(しっきこうほう)
コンクリート工事や左官工事のように、工事の工程の中で水分を用いることで凝固作用を促し、その水分が抜けて乾燥して始めて工事が完了する工法。
漆喰(しっくい)
石灰に糊とすさを混ぜて水で練り合わせた日本独特の左官材料。
漆喰壁(しっくいかべ)
漆喰を上塗りに用いた日本壁の代表的な仕上げの一つ。耐水性があるため、内外の壁に塗られる。
室内空気汚染(しつないくうきおせん)
室内の人体に有害な空気汚染は、合板類のホルムアルデヒドに代表され、もっぱら新建材から発生する化学物質が問題視されている。
私道(しどう)
道状の部分で、その土地の所有者が国や県など公の機関ではないもの。
シナ合板(しなごうはん)
心材にラワンを使い、シナを貼り合わせたもの。芯材、画材ともにシナを使ったものはシナ共芯合板(シナともしんごうはん)という。木肌の美しさが好まれ、室内や家具などに汎用される。
死節(しにぶし)
節の一種。枯死した枝が樹皮を付けたまま樹幹内に取り込まれ、周囲の組織とは密着していないもの。
四八(しはち)
尺貫法による4尺×8尺の合板など、板状製品寸法の定尺呼称。
四方差し(しほうざし)
通し柱の一個所に四方から横架材や貫を差して十字形に接合する仕口。
四方柾(しほうまさ)
柱などの角材の四面の木目が柾目になっていること。
絞り丸太(しぼりまるた)
表面に絞りの入った磨き丸太のこと。天然材では非常に稀で、床柱などに珍重された。
湿り空気線図(しめりくうきせんず)
温度と絶対湿度を軸にして、その空気の相対湿度と全熱量(エンタルピー)が求められる線図表である。これにより室内空気の露点温度(結露が発生する温度)が即座に求められる。
遮音材(しゃおんざい)
音が外部に伝わるのを、また外部から伝わるのを遮る材料のこと。重く、堅く、厚く、目がつまっている材料がよい。
尺(しゃく)
尺貫法による長さの単位。木造の建築にあたって最もなじみのある単位。時代によって1尺の実長は異なるが、1875年の度量衡取締令で1尺=30.303cmと定められた。1尺=10寸、6尺=1間。
决り(しゃくり)
接合するために板傍(いたそば)などを抉(えぐ)って溝を掘ったり、削って突起を付けたりすること。
車庫(しゃこ)
建物面積内に車庫がある場合、(車庫部分の床面積)÷(2階の総床面積+1階の床面積+車庫部分の床面積)が1/5以下であれば、車庫部分の床面積は延床面積に算入しなくてもよい。
斜線制限(しゃせんせいげん)
建物の形態を規制する法律で、隣地斜線・北側斜線・道路斜線がある。
借景(しゃっけい)
日本の伝統的な造園技法の一つで、庭園の外の景をその庭園全体の要素として取り込むこと。
シャンプードレッサー(しゃんぷーどれっさー)
ハンドシャワーが設置されている洗面化粧台のこと。通常の洗面台よりも洗面器が大きく、シャンプーがしやすい造りになっている。
集成材(しゅうせいざい)
laminated wood の邦訳。いくつかの小割の木を接着して、板や角材などひとつの材にしたもの。
竣工式(しゅんこうしき)
工事が無事完成したことを神々に奉謝し、将来も安全堅固であるように願う祭り。実質的には完成した建物を一般に披露し関係者に対して感謝のための祝賀会などを行うことを主としている。
書院(しょいん)
15世紀の中頃の室町時代における僧侶や公家の書斎。学問をする場所ということで、武家住宅では学問所と呼ばれた。
正角(しょうかく)
旧JAS(日本農林規格)のうち、断面が正方形で1辺の長さが7.5cm以上の角材をいう。
障子(しょうじ)
和室のしつらえ、遮光と断熱を目的とした建具。
仕様書(しようしょ)
図面だけでは表示しづらい工事内容を文章や数値で記載したもので、発注者および設計者により示される。
職方(しょくかた)
元請けから見た場合に、下請の職人または業者を指す。
諸経費(しょけいひ)
工事の見積に計上される項目で、現場経費と一般管理費(利益含む)のこと。純工事費以外の費用。
シロアリ(しろあり)
わが国の木造家屋における代表的な害虫。
シロッコファン(しろっこふぁん)
多翼送風機の俗称として多用されている。多翼ファンとも呼ばれる。風切り音が低いのが特徴。
心(しん)
(1)中心または中心線の意で、人が決める基準線。(2)材料そのものの中心にあるもの、または中心部。
真(しん)
中心または中心線の意で、人が決める基準線。
芯(しん)
材料そのものの中心にあるもの、または中心部。
真壁(しんかべ)
木造建築で柱を隠さず仕上げた壁。柱から少しさがった面に壁をつくる。普通の和風家屋の壁。構造材がそのまま意匠的な要素となる。
シングル(shingle)(しんぐる)
屋根仕上げ、外壁仕上げに用いる薄板。
心材(しんざい)
樹木の中心に近い部分を用いて材にしたもの。樹木の芯があるので強い。
心去り材(しんさりざい)
樹心を避けて製材された材木。
心々(しんしん)
部材の中心線から他の部材の中心線までの意、またはその長さ。
真々(しんしん)
心々
心墨(しんずみ)
建物の軸線や部材の中心線を示す墨
真墨(しんずみ)
心墨
シンダーコンクリート(しんだーこんくりーと)
デッキプレートの上や屋上の防水おさえなどに用いる、強度のないコンクリート。
心出し(しんだし)
各部の基準になる中心線を墨出しすること。
真束(しんづか)
小屋組の中央に位置し、棟木を受けるもの。
新鳥の子(しんとりのこ)
製紙から模様付けまで機械で作られる襖紙の並級品。
シンメトリー(しんめとりー)
左右対象であること。
新木造(しんもくぞう)
過去に実施された建設省総合技術開発プロジェクト「新木造建築技術の開発」の成果として現れた新たな設計方法による木造形式。
心持ち材(しんもちざい)
樹心を含んだ木材。
針葉樹(しんようじゅ)
葉の形状による分類で、葉が針形もしくは鱗状の樹種。
水準器(すいじゅんき)
水平を調べたり、求めたりする器具。
水性ペイント(すいせいぺいんと)
水性の塗料。塗りやすく値段もおさえめだが、耐久性が劣る。
水平構面(すいへいこうめん)
建物に加わる水平力(地震や風圧)に抵抗し、耐力壁などの鉛直構面にその力を伝える構面。建物の床や屋根構面がその機能を果たす。
水平力(すいへいりょく)
建物の構造体に加わる荷重の一種で、床と平行に働く力。風圧力、地震力、地下室壁に加わる土圧等がある。
スウェーデン式サウンディング(すうぇーでんしきさうんでぃんぐ)
スクリューポイントを先端に付けたロッドに荷重を加え、載荷状態で回転させ、一定長さを貫入するのに要する半回転数を測定することで土質、土層の具合を大まかに判定する、静的なサウンディング。
末口(すえくち)
丸太の梢(こずえ)側の部分。
杉(すぎ)
本州から四国、九州に分布する日本を代表する樹種。辺材は白色、心材は淡紅から濃赤褐色まで幅広く、時に黒心(くろじん)と呼ばれる黒褐色のものもある。
スキップフロアー(すきっぷふろあー)
段違い床のこと。床に段差をつけることによって空間に変化を持たせる。 隙間相当面積(すきまそうとうめんせき) 建物の気密性を示す指標で、床面積あたりの隙間面積で表す。
数奇屋(すきや)
(1)別棟になった茶室。(2)茶室風な様式を取り入れた建築。装飾を控え、面皮(めんかわ)柱の使用などが特色。
筋違い(すじかい)
軸組間に対角線に入れることにより軸組の強度を増し、耐震性を強めてゆがみを防ぐ役割をする斜材。
筋違いプレート(すじかいぷれーと)
軸組構法の耐力壁において、筋かいの止め付けを確実にするために用いられるZマーク表示金物の一つ。
スタッド(stud)(すたっど)
ツーバイフォー工法による壁を構成する軸組部材の一つ。「間柱」「たて枠」の意味。
スツール(すつーる)
背もたれなど、背の寄りかかりのない一人用のイス。
ステイン(stain)(すていん)
塗装に用いる着色剤の総称。
ストリップ階段(すとりっぷかいだん)
側桁階段のこと。段板の間が透けていることから俗にこう呼ばれる。段板を支持するために両側に配置される側桁と段板で校正されている。
スパイラル階段(すぱいらるかいだん)
螺旋階段。上り下りが螺旋状に回転する形態の階段。
スパン(span)(すぱん)
建物の横架材またはアーチやドームなどの架構支点間の距離。梁間、梁行。
スパン表(すぱんひょう)
木造住宅の小屋組、2階床組、1階床組等の横架材の断面寸法を決定するための早見表。
スプルース(spruce)(すぷるーす)
輸入材の中では、トウヒ類のシトカスプルースが代表的。心材は淡桃色で白色の辺材との色の差は不明瞭。加工性が良い。
S-P-F(すぷるーすぱいんふぁー)
スプルース類とパイン類をまとめた総称。よりヘムファー少々強度が落ちるが比較的素直な木材であるため多く使用されている。
スペイン瓦(すぺいんかわら)
スペイン産の瓦。
隅(すみ)
(1)空間の角のこと。出隅と入隅がある。(2)軒の隅木とそれに架かる垂木構成された部分。
墨糸(すみいと)
墨壺に仕込まれた糸のこと。
墨打ち(すみうち)
墨壺から引き出した墨糸を緊張させつまみ上げ、はじくようにして木材やコンクリートに墨付けすること。
隅木(すみき)
寄棟などの小屋組で、隅棟部分を支える斜めにのぼる部材。
隅勾配(すみこうばい)
規矩述における勾配表示法の一つ。
墨刺(すみさし)
墨付けに使う道具。
墨出し(すみだし)
工事作業の基準となる心や高さ、仕上げ位置などを建物に印したり、部材加工する前に加工に必要な規準線の位置、寸法、印を付けること。
墨付け(すみつけ)
墨壺、墨刺、指金(さしがね)を用いて木材面に工作の規準になる線や記号・符号を付けること。
墨斗(すみつぼ)
墨壺
墨壺(すみつぼ)
長尺部材に工作のための墨を打ったり、墨刺の先に墨液をつけるための墨池として使われる道具。
隅柱(すみばしら)
建物の隅部にある柱。軸組工法では通し柱になることが多い。ツーバイフォー工法では耐力壁の交差部に設ける。
スライディングウォール(すらいでぃんぐうぉーる)
可動間仕切り。台所や食事室、居間などを必要に応じて切り離し2室にしたい場合などによい。
スラブ(すらぶ)
鉄筋コンクリート(RC)構造の床板のこと。
スランプ(slump)(すらんぷ)
コンクリートの硬さを表す用語。
スレート(すれーと)
屋根や外装などに使用される石質の薄い板のこと。粘板岩を薄くはいだ天然スレートと、人工の石綿スレートがある。
スローブ(すろーぶ)
バリアフリーの一つで、段差が生じる部分を傾斜面にすること。段差をなくしてスローブにすることでひっかかりがなくなり、車椅子での移動が可能になる。高齢化社会への対応として、必要性が高まっている。
スロップシンク(すろっぷしんく)
スロップは「汚れた水」とか「汚物」、シンクは「流し」。つまり、掃除や洗濯用に使う流しを示す造語。子供のズックやオムツ類の洗濯、汚れた雑巾などを洗う時に有用性が実感できる。そのためにスロップシンクを「ズック洗い」と別名で表現することもある。
寸勾配(すんこうばい)
勾配の表し方の一つ。1尺の水平長さに対しての立上りを寸単位で表した勾配。
積載荷重(せきさいかじゅう)
建物の床に加わる荷重。鉛直荷重の一種。
積算(せきさん)
建築の分野にあっては、目的とする建築物の工事費算定を、設計図書などをもとに行うこと。
積雪荷重(せきせつかじゅう)
積雪によって建物に加わる荷重。鉛直荷重の一種。
石綿スレート(せきめんすれーと)
セメントに石綿などを混ぜて高圧プレス成型した薄板。耐久性・耐火性・耐腐蝕性に優れ、主に屋根・天井・外装などの下地材として広く用いられる。
石綿セメント板(せきめんせめんとばん)
セメントに石綿と水を混ぜて練り合わせ板状に整形したあとに水分を取り除いた製品。
石綿フェルト(せきめんふぇると)
断熱材で石綿をフェルト状にしたもの。ほかに吹きつけのものもある。
石灰(せっかい)
石灰岩を焼いた生(き)石灰の粉末を水和させて製造する消石灰のこと。
設計監理(せっけいかんり)
設計とは建物又は工作物を建設するための計画を立て、それを実現するために図面その他を作成することで、建築士が行う。監理とは、その図面等のとおりに建物が適正に出来上がっているかを公正な立場で確認することをいう。
設計図書(せっけいとしょ)
建築物や工作物を建設する場合に、その施工や製作に必要な内容を記した図面や書類のこと。
接合金物(せつごうかなもの)
部材同士の接合に用いる金物。
石膏プラスター(せっこうぷらすたー)
焼石膏を主材とする左官材料。主成分は硫酸カルシウムで水溶性、内装の使用に限定される。
雪隠(せっちん)
茶庭に設けられる1坪ほどの便所。庭木などで見えない位置に建てられる。 セットバック(setback)(せっとばっく) (1)道路の日当たりや通風、防災を考えて、建物を道路から後退ささせて建てること。(2)ツーバイフォー工法では、2階外壁を1階外壁より後退させて建てること。
セパレータ(セパ)(せぱれーた)
梁や壁のように向かい合う2枚の関板で構成される型枠の間隔を保持する部材。両面に座金の付いたものは、コンクリート表面に座金の丸い跡が残る。
セメント瓦(せめんとかわら)
セメントに硬質細骨材を混合したモルタルを成形したもの。表面にはウレタン樹脂を静電塗装し、耐久性を高めている。
セラミック系住宅(冷暖房)(せらみっくけいじゅうたく)
セラミック系の素材を用いた住宅で、耐火性・断熱性に優れている。より高度なファインセラミックスを構造材に使用した住宅も出ている。
セルロースファイバー(せるろーすふぁいばー)
木質繊維のパルプに古紙などのリサイクル素材を加えたものが主で、断熱性能は他の繊維系のそれと同準である。天然木質繊維なので吸放湿性をもち、内部結露を抑制することができる。
背割り(せわり)
乾燥による割れを防ぐため、柱などにあらかじめ裏になる側に切れ目を入れておくこと。
栓(せん)
継手や仕口を固定するために2つの材を貫通する穴に打ち込む細長い堅木で作られた小部材。
繊維壁(せんいかべ)
左官仕上げの一つで、パルプと糊に着色した糸くずや木粉を練り合わせて材料の上塗りに使う工法。
繊維板(せんいばん)
ファイバーボ-ド。木材を繊維状に分解して各種接着剤を用いて熱圧加工したもので、合板より均一な品質が得られる。
剪断強度(せんだんきょうど)
外力によって材料内に剪断力が生じ、材料が破壊するときの強さ。
剪定(せんてい)
樹形を整え、果樹、茶、クワなどの生育・結実を良くするために行われる苅込や枝打ちなどの作業。
セントラルクリーナー(せんとらるくりーなー)
集中方式の掃除システム。一カ所に大型の集塵機を設置して、壁内部に配管したパイプに、各部屋や廊下につけた吸入口をつなぐ。掃除をする際には、吸引ホースを吸入口に差し込むだけ。掃除機を使用する手間が無くなる上、室内の空気を汚さず簡単に掃除ができる。集塵機にたまったゴミは年に数回捨てるだけでよい。
セントラル方式(冷暖房)(せんとらるほうしき)
建物の一ヶ所にボイラーを設け、そこから配管ダクトで各室に送って,建物全体に冷暖房が行き渡るようにした方式。
潜熱(せんねつ)
乾球温度計では計れない熱で、空気中に含まれる水蒸気などが有する熱のこと。空気中に含まれる水蒸気などの絶対湿度により、その熱量は変化する。
草庵(そうあん)
草葺きの粗末な田舎家のこと。のちに、世俗を離れて侘びた境地で住まう住居のことを指すようになった。
ソーラーシステム(そーらーしすてむ)
太陽熱エネルギーを利用した住宅のこと。機器を用いて行うものをアクティブ・ソーラー、構造や間取りなどの設計手法によるものがパッシブ・ソーラーと呼ばれている。
側窓(そくまど)
壁(側面)に取り付けられた窓。
素地(そじ)
仕上げる前の原材料の生地のこと。
組積造(そせきぞう)
組積構造のこと。石、煉瓦(れんが)、コンクリートブロックなどの材料を積み重ねて造った構造物。
袖壁(そでかべ)
(1)建物の外側に突き出して設けられた壁の総称。(2)2階立ての民家において、平(ひら)側の軒先下両側に突き出した壁。
外断熱(そとだんねつ)
鉄筋コンクリート造など、熱容量の大きい構造体の建築の外側に施す断熱工法。
外張り断熱(そとばりだんねつ)
木造や軽量鉄骨造のように駆体の熱容量が小さい建築物に施される工法。
反り(そり)
(1)屋根面などで凹状に湾曲している曲面や曲線のこと。(2)板類やボード類が乾燥等の影響で収縮・変形した場合などの湾曲した面や線を指す。 損料(そんりょう) 工事に使われる仮設材料や機械・器具類などの使用料。

家造りの情報


このページの先頭へ