はうすコンビニ加盟店で建てた家

自然の中で暮らせる家

トップイメージ

日本人ならば誰もが憧れる木の香りのする家。
今回は当サイトを通じて、そんな天然木の醍醐味を満喫できる家を手に入れられたKさんのご自宅を紹介する。

静岡県富士市の山あいの住宅街。
そんな住宅街の中に佇み、真っ白な外壁とウッドデッキのコントラストの美しさで、見る人を引き付ける家が、今回ご紹介するKさんご一家のお住まいだ。

Kさんご一家は、ご夫婦と男の子2人の4人家族で、ご自宅を新築するにあたって「ログハウスのようにたくさんの木に囲まれていて、みんなに見せたくなるような家」を希望されていたとのこと。

そんな折、当サイトで株式会社マクスのページをご覧になられたのがきっかけで、「木をたくさん使った家を作ってくれそうだった」ということでお問い合わせ。その後、資料のDVDや見学会等で同社の家づくりをご覧になりご契約に至ったそうだが、何よりも「社長さんが希望を形にしてくれた」ことが決め手だったようだ。

部屋に入って、まず驚かされるのは、この家が日本古来より伝わる『板倉工法』で造られていることだ。
これは、柱と柱の間に内壁となる天然木の板を落とし込んでいく工法で、高い強度とともに調湿性、断熱性にも優れていると言われる。
現在の建築現場ではあまり見かけなくなったこの板倉工法だが、Kさんは「地震にも強く、天然の木に囲まれているので安心して住むことができそう」という理由で、この工法を希望された。
また、内壁だけでなく、漆喰や断熱材、仕上げのワックスまでも自然素材にこだわっており、正に自然素材の家となっている。
実際、室内で化学物質の不快感を感じることはなく、Kさんいわく「どの部屋でも自然の中にいるような居心地」だそうだ。

1階に共用のスペースを2階に個室を配しているが、1階部分で目を引くのがLDKと直結したウッドデッキと中庭で、Kさんご一家もお気に入りの場所だそうだ。
ウッドデッキは建物南側に位置する中庭を囲むように配置されており、すべての部屋の採光量を豊かするとともに、直結するLDKの空間を広く感じさせている。
キッチンは対面式で中庭向きに設置されており、ここからリビングや中庭の様子が見渡せるようになっている。
また、このLDKは「家族全員を支える」との意図からひときわ大きな大黒柱が支えている。
これはKさんのアイディアを具現化したものだそうだ。
   
2階部分の2つの子供部屋にはそれぞれロフトが設けられ、広めの収納スペースも設置されている。収納スペースももちろん板倉工法で作られており、通常の合板タイプに比べ防湿効果も高いという。
また、それぞれの部屋の上部には窓が設けてあり、熱排気の効果で夏でも快適に過ごせるよう配慮されている。
 
設計・施工をされた「株式会社マクス」の鈴木社長によれば、「家全体に天然木材を使用したことで、安心して暮らしていただけるだけでなく、家族の成長とともに木の変化も楽しめるのでは」とのこと。
まだ幼いKさんのお子様にとっても、きっと末永く愛着を感じる家となることだろう。


- 板倉造りの美しさ

寝室

2階の寝室。ほぼ全室がこのような板倉工法で作られている。

子供部屋ロフト

2階子供部屋に設けられたロフト。Kさんの希望により子供部屋それぞれに設けられていて、お子様にも好評とのこと。

収納

玄関ホールに入った瞬間から自然素材の空間が広がる。大きめの玄関収納も板倉で作られており、抜群の防湿・防臭効果があるという。

- 大黒柱が支える家族の空間

大黒柱・太鼓梁

LDKを支える大黒柱と太鼓梁(丸太の両側面のみを加工した梁)。白い天井も自然素材の漆喰で、そのコントラストが美しい。

手書きパース

施工前にマクスより提案されたという手書きパース。キッチンからのイメージが描かれている。

LDK

左の図のLDKをやや右寄りのアングルから。イメージ通り、キッチンからはリビングと中庭を見渡すことができる。

敷地面積 183.99平米
床面積 130.84平米
1階 74.53平米
2階 56.31平米
用途地域 第一種低層住居専用地域
建蔽率 60%
容積率 200%
構造 板倉工法・一部在来軸組工法
竣工 2008年3月20日
  内観写真

設計・施工 【株式会社 マクス】

もともと宮大工の流れを受け継ぐ同社は、板倉工法やティンバーフレームをはじめとする天然木の良さを活かした家づくりに特に力を入れているようだ。
お問い合わせいただいたお客様には、まず、過去の施工実績などを記録したDVDをご覧いただき、天然木の家の良さと、同社の独自の技術力とプランを理解いただいているという。
また、お客様の希望を最大限“形”として実現することを信条としており、お客様に家のイメージが確実に伝わるように心がけている。
例えば、ヒアリングで得られた情報をもとに社長自ら手描きのパースや模型を作成し、お客様に提案することもあるという。
施工前にイメージを十分に確認していただくことで、完成後、お客様に100%満足していただけることを目標としている。
 

社長写真

鈴木 克彦 社長

会社概要

代表者 鈴木 克彦 株式会社 マクス
住所 静岡県富士市大渕3256-2
TEL 0545-36-2882
FAX 0545-36-2284
お問い合せ k-suzuki@macs-inc.co.jp
営業エリア 静岡県東部
主な工法 在来木造工法
ティンバーフレーム
板倉造り
ログハウス
ホームページ

こだわりの家造り


このページの先頭へ