家造りの資金計画

住宅ローンの種類


【フラット35】の利用条件
民間金融機関と住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)が提携して提供する最長35年の長期固定金利住宅ローンです。長期固定金利住宅ローンは、資金の受け取り時に返済終了までの金利・返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。

通常の住宅ローンで必要となる保証料がかからず、保証人も必要ありません。また、返済中に繰上返済や返済条件の変更を行う際も手数料も不要。融資金利は、借入申込時点の融資金利ではなく、資金の受取時点の融資金利が適用になります。

住宅の断熱・耐久性などについては、住宅金融支援機構独自の技術基準を定め、物件検査を受けることが条件になります。物件検査に当たっては、物件検査手数料が必要になり、お客様負担となります(物件検査手数料は、適合証明機関によって異なります)。
申込年齢
満70歳未満の方(親子リレー返済を利用する場合は、満70歳以上でも申込可)


借入期間
15年以上35年以内
(ただし、申込人の年齢が満60歳以上の場合は10年以上、「80歳」―「申込年齢」1歳未満切り上げ)


年収に占める全ての借入の割合
年収400万円未満/30%以下
年収400万円以上/35%以下


借入金額
100万円以上8,000万円以下で、建築費または購入価格の100%以内(1万円単位)

※2009年度の補正予算により、従来の90%から100%へ拡充されました。
※2009年度の補正予算により、下記について、請負(売買)契約書に含まれていない場合でも確認できれば、融資対象となります(これまでは、契約書に含まれている場合のみ融資対象でした)。   
  1. 建築確認・中間検査・完了検査申請費用
  2. 請負(売買)契約書貼付の印紙代
  3. 性能評価検査費用
  4. 適合証明検査費用
 

家造りのコスト


このページの先頭へ