家づくりの情報

建築用語の基礎知識 あ行

RC(あーるしー)
鉄筋コンクリート造
合欠き(あいがき)
相欠き
相欠き(あいがき)
接合する2つの材をそれぞれ欠き取って重ね合わせる継手・仕口(しぐち)の一つ。
合相决り(あいじゃくり)
板同士を並べた場合に隙間が抜けないように、板傍(いたそば)の厚みを半分ずつ欠き取り重ね合わせた納まりとすること。
アイビーム(I-beam)(あいびーむ)
鉄骨のI型梁の意味でもあるが、木造では「木質I型複合梁」のこと。
合いみつ(あいみつ)
見積合せ
アイランドキッチン(あいらんどきっちん)
流しやレンジなどのキッチン設備を壁から離して、部屋の中央部に島状に配置されたキッチン。
アイレベル(機器・収納)(あいれべる)
キッチンなどにおいて、目(アイ)の高さにある機器や収納スペースのこと。調理カウンターから吊り戸棚まで空間がアイレベルゾーンと呼ばれており、手の届きやすい位置であるため、使用頻度の高い調理器具等の置き場として最適。
亜鉛鍍鉄板葺き(あえんとてっぱんぶき)
表面に亜鉛をめっきした鋼板による屋根葺き。
煽り止め金物(あおりどめかなもの)
ツーバイフォー工法において、建物の風による屋根の吹き上げに抵抗するために用いる金物の総称。
赤身(あかみ)
木材の心材部分の別称で、辺材に比べ赤みを帯びているためにこう呼ばれる。
上がり框(あがりかまち)
玄関床の上がり口の縁にある部材。
灰汁荒い(あくあらい)
時間を経て日焼けしたり、汚れたりした木の部分を薬品などを使って白木に近い状態に戻すこと。
アクティブ・ソーラーシステム(あくてぃぶ・そーらーしすてむ)
ソーラーハウスなど、太陽熱を利用して給湯や冷暖房などを行うシステムを組み込んだ、省エネルギー型の住宅のシステムのこと。
アクリル樹脂板(あくりるじゅしばん)
アクリル酸、アクリルを板状に加工したもの。一般的には、この一種のメタアクリル樹脂板のことを指す場合が多い。透明度が高く、接着性に富む。
アクリルラッカー(acrylic lacquer)(あくりるらっかー)
合成樹脂系の上塗り塗料の一種。
上げ下げ障子(あげさげしょうじ)
雪見障子
上げ下げ猫間(あげさげねこま)
猫間障子
腮欠き(あごかき)
木造仕口の一つ。桁と小屋梁など、横架材が十字に交差する場合に用いる。
足場(あしば)
工事用に組み立てる仮設の作業床および作業員用通路、材料や部品の支持台のこと。
足元灯(あしもとあかり)
階段や廊下などの通路に設置された、足元をてらすための小さな照明。特に、高齢者いる家庭を中心に設置されるケースが増えている。
網代(あじろ)
網筵(あみむしろ)の略で、スギ、サワラ、ネズコ、ヒノキなどの枌板(へぎいた)や竹皮、葦などを、斜めまたは縦横に編んだもの。
網代天井(あじろてんじょう)
スギ柾(まさ)、サワラ、ネズコなどの枌板(へぎいた)や竹皮を、斜めまたは縦横に編んだ網代を天井の下地板に取り付けたもの。
アスファルトシングル葺き(あすふぁるとしんぐるぶき)
厚めのアスファルトフェルト類にアスファルトを塗布し、着色砂を付着させたアスファルトシングルで屋根を葺く工法。
アスファルト防水(あすふぁるとぼうすい)
アスファルトルーフィングやアスファルトフェルトを、2〜4層にアスファルトで積層して防水層を構成する工法。
アスファルトルーフィング(asphalt roofing)(あすふぁるとるーてぃんぐ)
フェルトにストレートアスファルトを含浸させ、ブローンアスファルトを両面に被覆し、表面に粘着防止のために粉末にした雲母や粘土などを塗布した、防水層を作るためのシート。屋根や壁の下地に防水材として用いる。
アスベスト(石綿)(あすべすと(いしわた))
天然に産する繊維状けい酸塩鉱物である。ILO(国際労働機関)の定義では、クリソタイル(温石綿、白石綿)、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)、アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの6種類としている。
頭繋ぎ(あたまつなぎ)
(1)柱や束など、垂直部材の頂部を横木でつなぎ固めること、またはその横木。(2)ツーバイフォー工法による壁を構成する軸組部材の一つ。
厚型スレート(あつがたすれーと)
セメント(重量比34%)に硬質細骨材(重量比66%)を混合し、加圧成形したもの。
圧縮強度(あっしゅくきょうど)
材料に外部からの圧縮が加わり破壊するときの強さ。
圧縮筋違い(あっしゅくすじかい)
筋かいの種類の一つ。軸組に水平力が掛かった場合に筋かいの軸方向の圧縮で耐えるもの。
厚付きフローリング(あつづきふろーりんぐ)
表面単板の厚さが2mm以上ある、一見ムク材に見えるフローリング。1枚ずつ木目が異なり、単層フローリングと見分けがつかないものも出現してきている。
圧密沈下(あつみつちんか)
建物荷重が地盤に影響して粘土中の間隙水が徐々に排水されることにより体積が減少し、密度を増す結果、地盤が沈降する現象。
アプローチ(approach)(あぷろーち)
一般的には建物に近づいていく外部空間をいう。道路などからそれぞれの建物(玄関)までの通路。
雨押え(あまおさえ)
外壁と下屋(げや)の切付け部分、開口部の上枠、煙突やトップライトなど屋根面からの突出部分の取り合いにおいて、雨水の浸入を防ぐために納める部材。
雨仕舞(あまじまい)
雨水が建物に浸入したり、漏ったりするのを防ぐこと、またはその方法。
亜麻仁油(あまにゆ)
亜麻の種子を圧縮して採れる乾性油の一種。
洗い出し仕上げ(あらいだししあげ)
左官仕上げで、種石(たねいし)とモルタルをこね合わせ、壁や床の下地面に塗りつけ、硬貨直前にワイヤブラシと水洗いで種石を露出させる工法。
荒壁仕上げ(あらかべしあげ)
土壁で小舞に荒壁土を塗り、裏側から裏返し塗りをして仕上がりとする工法。
荒間障子(あらましょうじ)
横子の間隔を大きくとり、組子の数を減らし意匠の簡潔さをねらった障子。
荒床(あらゆか)
床仕上材の下張りとして用いる板で、おもに畳敷きの下地として張る。
蟻(あり)
木造の継手・仕口(しぐち)において、鳩尾(きゅうび)の形をしたものの総称。
蟻掛け(ありかけ)
蟻を用いた木造仕口(しぐち)の一つ。土台同士や桁と小屋梁など横架材同士がT字形に取り合う接合に使用する仕口。
蟻継ぎ(ありつぎ)
蟻形の・(ほぞ)を用いた継手で、土台や桁(けた)などの横架材に用いるもので、継手としては簡便である。
アルコーブ(あるこーぶ)
壁の一部をくぼませた部分。居間などでよく用いられ、ごく限られた面積で想像以上の空間の変化と使い勝手のよさが得られる。
アレルギー性疾患(あれるぎーせいしっかん)
外部からの刺激(抗原:アレルゲン)と生体を守ろうとする抗体が結合(反応)して抗原の働きを止め、無毒化する反応を抗原抗体反応というが、この疾患は、激しい抗原抗体反応によって起こる疾患のことである。
アンカーボルト(anchor bolt)(あんかーぼると)
コンクリートの基礎や木の柱などに埋め込んだボルト。主に建物を基礎に固定する。
暗渠(あんきょ)
地中に設けたコンクリート製の洞道。ケーブル配線、給排水などの用途により各種の暗渠が使用される。洞道、開渠。
鮟鱇(あんこう)
呼び樋
イエシロアリ(いえしろあり)
木造住宅に被害を与えるシロアリの仲間で、ヤマトシロアリと並ぶ代表種である。神奈川県以西の海岸線に沿った温暖な地域と千葉県の一部、それに南西諸島、小笠原諸島に分布している。
藺草(いぐさ)
畳表の材料となるイグサ科の多年性植物で、熊本、福岡、高知、岡山などで栽培されている。
石綿(いしわた)
アスベストのこと。せきめんとも呼ぶ。
板目(いため)
原木を年輪の接線方向に挽いたとき、その面に現れる山形や波形の木目のこと。木目。幅の広い板がとれやすく、木取りが簡単でムダがない反面、収縮が大きく割れやすく、木表側に反りが出やすい。
一文字瓦(いちもんじがわら)
軒先に使う桟瓦の一つ。垂れの下端がそろって直線になるもの。
一文字葺き(いちもんじふき)
屋根の葺き方の一つ。
一本引き(いっぽんひき)
一枚の引戸の意味で、片引きの場合と引込みの場合がある。
田舎間(いなかま)
基準尺の一つで、京間に対して田舎間がある。
イニシャルコスト(いにしゃるこすと)
設備の価格や取付け費用など、設置当初にかかる費用。
犬走り(いぬばしり)
建物の外壁に沿った周囲の地面を、砂利やコンクリート敷きにして固めた部分。
燻し瓦(いぶしがわら)
粘土瓦の焼成の最終段階で、松葉でいぶし、瓦の表面に炭素を定着させ銀灰色にした瓦で、日本の代表的な色調の一つ。
芋目地(いもめじ)
石、タイル、れんが、コンクリートブロックなどの積み方の一種で、縦目地が2段以上上下に連続したもの。
入母屋屋根(いりもややね)
屋根形式の一つ。寄棟(よせむね)屋根の上部に、切妻の小屋根を合わせたような形をしている。
インシュレーションボード(insulation board)(いんしゅれーしょんぼーど)
軟質繊維材、ファイバーボードの一種で、比重0.4未満のものをいう。木材を繊維状にときほぐして圧縮・成型した板(畳床などに利用)
ウェファーボード(waferboard)(うぇふぁーぼーど)
WB とも表記する。菓子のウェファースのような木材の削片(アメリカ産軽軟質広葉樹のアスペン、ポプラやサザンイエローパインなどを使うことが多い)を粉末樹脂接着剤で熱圧成形した板材。
ウォークインクロゼット(walk-in closet)(うぉーくいんくろぜっと)
納戸くらいの広さを持ち、作り付けの棚や引き出し、ハンガーを掛けるためのパイプ等が備え付けられており、部屋そのものが大きな洋服ダンスになっている。
請負(うけおい)
建設工事において請負業者は工事の完成を約し、発注者はその結果に対して代金の支払を約束する民法に規定されている契約行為。「請負契約」の略。
薄縁(うすべり)
畳表の敷物の一種。
薄縁床(うすべりどこ)
床の間の形式の一つで、本畳の代わりに薄縁を張った板畳を敷き込んだもの。
卯建(うだつ)
卯立
卯立(うだつ)
(1)棟木(むなぎ)を支える妻梁上の束柱。(2)妻壁を屋根面より高く突き出し、また袖壁(そでかべ)となって小屋根をのせたもの。
打上げ天井(うちあげてんじょう)
野縁で下地を組み、縁甲板(えんこういた)、合板、石膏ボードなどを下から釘で打ち上げて留める工法の総称。
内断熱(うちだんねつ)
RC造の駆体の内側に断熱材を張り込む工法。木造充填断熱工法を指す場合もある。
内法(うちのり)
(1)柱や出入り口、窓など対面する二つの部材の内側から内側までの距離。(2)敷居、鴨居などの内法材。(3)内法高さ。
内法材(うちのりざい)
柱の内側の寸法などを指す「内法」から転じ、敷居や鴨居などの柱の内に組み込む造作材を「内法材」というようになった。
内法高(うちのりだか)
敷居の上端(うわば)から鴨居の下端(したば)までの高さ。
埋戻し(うめもどし)
根切りをして基礎、地下工事が終わった後に、土砂を埋め戻して現状に戻すこと。
漆塗り(うるしぬり)
本来は、中央アジアが原産地で、中国、日本に育成する落葉喬木樹幹に傷をつけて滲み出る乳化液が生漆で、それを精製する。おもに床框、襖縁、板戸や欄間の框に施される。
ウレタン(うれたん)
ポリウレタン樹脂塗料の略。
上塗り(うわぬり)
(1)左官の最終工程として、仕上げの塗り材を塗り付けること。(2)塗装工程の一つ。
上枠(うわわく)
ツーバイフォー工法による壁を構成する軸組部材の一つ。
エアサイクル(えあさいくる)
自然換気により「夏は涼しく、冬は暖かく」を考えた住まい。床から壁を通って屋根裏まで空気が通るようになっており、冬は太陽熱で暖まった空気が循環して部屋を暖め、夏は床下から風を取り入れて屋根の排気口から暖かい空気を外に出す構造となっている。
AE剤(えーいーざい)
独立した無数の微細な空気泡をコンクリートに含ませることによってコンクリートのワーカビリティーと耐久性を向上させる。空気連行剤(くうきれんこうざい)とも言われる。
AQ認証(えーきゅーにんしょう)
新しい木質建材で、JAS企画に対応していない製品の性能について、(財)日本住宅・木材技術センターが認証しているもの。高耐久性機械プレカット部材や屋外製品部材等が対象となっている。
AQ認定(えーきゅーにんてい)
AQは Approved Quality の略。JAS(日本農林規格)だけでは対応できない木質建材の品質・性能を保証する制度。
ALC(えーじーえる)
オートクレープブライトウェートコンクリート造
AD材(えーでぃーざい)
天然乾燥による製材のこと。
液状化現象(えきじょうかげんしょう)
強い地震の揺れによって地盤が液体のような挙動をとる現象。地下水を多く含んだ砂の地盤で起きやすい。
SRC(えすあーるしー)
鉄骨鉄筋コンクリート造
SN釘(えすえぬくぎ)
軸組工法やツーバイフォー工法で耐力壁の面材として軸組や枠組にシージングボードを打ち付ける釘。
SFN釘(えすえふえぬくぎ)
ステンレス鋼釘。
SK(えすけー)
「掃除流し」の略称。掃除用の水のバケツで取水したり、掃除後の汚れた水を流したり、掃除道具を洗ったりする大型の衛生陶器。
H鋼(えっちこう)
断面がH型の型鋼。鉄骨構造の柱や梁に用いる。
HPC(えっちぴーしー)
鉄骨プレキャストコンクリート造
江戸間(えどま)
基準尺の一つで、江戸および関東地方の都市部の町家で用いられてきたもの。
エナメル(enamel)(えなめる)
塗装用語では「エナメルペイント」の略。内外装用の上塗り塗料の一種で、各種ワニスに顔料を配合したものの総称。
N釘(えぬくぎ)
鉄丸釘。軸組工法で一般的に使われるが、駆体の構造耐力上必要な部位には使用できない。
N値(えぬち)
ボーリング工によって掘削された孔内で実施される標準貫入試験の実地値で、73.5kgのおもりを75cm自然落下させて孔底を打撃し、30cm貫入するまでの回数をカウントし、その打撃回数が地盤の強度を表す指標となる。
N値計算(えぬちけいさん)
接合部の簡易計算法。建設省告示1460号のただし書きにより、この計算方法で求めた数値に従って軽微な金物を選択できる。
FRP(えふあーるぴー)
ガラス繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastic)の略。プラスチック樹脂にガラス繊維を混入させた極めて強靭な樹脂。各種工作物、家具などに使用される。
FRP防水(えふあーるぴーぼうすい)
FRP(fiber reinforced plastic)は強化プラスチックの総称で、ガラス繊維を補強材としているため強度は大きく、これを現場で施工する防水の工法。
FF温風暖房(えふえふおんぷうだんぼう)
吸排気を強制的に野外で行なう暖房機器。燃焼に室内の空気を使わないので室内空気が汚れないのが特徴。
FF式燃焼機器(えふえふしきねんしょうきき)
Forced draught balanced fluetypeの略語。燃焼機器への給排気を送風機によって強制的に行う密閉燃焼方式で室内の空気に関係なく燃焼させる。
Fケーブル(えふけーぶる)
Flat cable(フラットケーブル)の略。ビニル絶縁ビニルシースのうち平らな長円形につくったもの。
エフロレッセンス(えふろれっせんす)
れんがやタイルの目地、あるいはコンクリート表面に現れる白色の物質。白華(はっか)、鼻垂れ(はなたれ)ともいう。
エマルション塗料(えまるしょんとりょう)
水溶性塗料の一種。
MSDS(化学物質等安全データシート)(えむえすでぃーえす)
MSDS(Material Safety Data Sheet)とは、化学物質およびそれらを含有する製品(指定化学物質等)の物理化学的性状、危険有毒性、取扱上の注意等についての情報を記載した化学物質等安全データシートのことである。
MDF(えむでぃーえふ)
中質繊維板ともいう。ファイバーボードの一種。家具の芯材から構造用画材まで幅広く使われる。
MDF(medium dencity fiber board)(えむでぃーえふ)
中質繊維板。ファイバーボードの一種で、比重0.4〜0.8のものをいう。
LCC(えるしーしー)
ライフサイクルコストの略。工業製品や建築物の生産から利用、処分の過程で必要となる費用の総額を言う。
LCCO2(えるしーしおーつー)
ライフサイクル二酸化炭素の略。工業製品や建築物の生産から利用、処分の過程を通じて発生する二酸化炭素排出量を言う。
エレメント(えれめんと)
物の要素、各部分、構成。
縁(えん)
縁側、濡れ縁
縁側(えんがわ)
建物の畳敷き部屋の外側にある板敷きの部分をさし、単に「縁(えん)ともいう。
縁甲板(えんこういた)
幅6〜12cm、厚さ12から15mmの板を本実(ほんざね)加工したもので、ヒノキ、スギ、ナラなどの材料が通常使用される。床板として張られるほか、壁や天井にも用いられる。
エンジニアリングウッド(えんじにありんぐうっど)
住まいに使う木材として、細い材や節の多い材などを祭壇・切削してから圧着し直した資材。強度的にも優れたものが多い。集成材やファイバーボードなどがある。
延焼の恐れのある部分(えんしょうのおそれのあるぶぶん)
隣家などに延焼しやすい距離を建築基準法で定めた範囲。
遠赤外線暖房(えんせきがいせんだんぼう)
ガスまたは電気を熱エネルギー源として用いる放射暖房。熱放射面が比較的低い表面温度(200〜400℃)から人体そのほかに吸収されやすい長波長の赤外線、いわゆる遠赤外線を放出する材料でつくられているもの。
鉛直荷重(えんちょくかじゅう)
建物の構造体に加わる荷重の一種。重力と平行に働く荷重。
オイルステイン(oil stain)(おいるすていん)
主成分は油溶性の染料または顔料を石油系の溶剤に溶かし、少量の油性ワニス、ボイル油を配合した着色剤の一種。木部の着色剤として使われる以外に、ワニスやクリヤラッカーの下塗りとしても使われる。
オイルフィニッシュ(oil finish)(おいるふぃにっしゅ)
油性塗料を浸透させた塗装仕上げ。
応力(おうりょく)
物体の外部から荷重や外力が加わる際に、その力と反対に物の内部で生じる抵抗力の総称。
応力度(おうりょくど)
外力に対して物体内で派生する応力の大きさを単位面積で割った値(kg/cm2、t/m2)
大入れ(おおいれ)
材の端部の形をそのまま隙間なくもう一方の材に差し込む仕口(しぐち)のこと。
OSB(oriented strand board)(おーえすびー)
細かく砕いた板(ストランド状)を繊維方向が揃うように配列し、液体接着剤で固めたもので、構造用とカンナ掛けされた化粧用がある。重量が大きいのが難点だが、安価で入手できる。
OMソーラー住宅(おーえむそーらーじゅうたく)
屋根に集めた太陽熱で軒先から入れた空気を暖め、それを床下に送り込み暖房を行なう。夏は暖かい空気を外に送り出すこともでき、低コストで高い効果が得られる。それまでのソーラーハウスは、温水や不凍液を使用していた。
大曲(おおがね)
大矩
大矩(おおがね)
建築現場で作る、直角を求めるための大きな三角定規。
大壁(おおかべ)
造建築で柱が外部に現れないように仕上げた壁。土蔵や洋室の壁によく使われる。
オートロックシステム(おーとろっくしすてむ)
集合玄関を遠隔操作で自動的に施錠・解錠することができるシステムのこと。ルームキーやカード・暗証番号の入力などによってロックを解除するシステムなので、部外者が入りにくく、防犯に役立つ。
オーナメント(おーなめんと)
装飾部分。建築物の飾り。
大貫(おおぬき)
軸素材としては、通し貫(ぬき)や筋かいに用いる。厚さ1.5〜2.4cm、幅が9.5〜11.5cmで長さ3.6mの板材をいう。
オーバーハング(overhang)(おーばーはんぐ)
(1)外壁よりはね出した屋根やバルコニー等の部分。(2)ツーバイフォー工法では、下階より持ち出した上階の部分をさす。
大引き(おおびき)
元来は、木造軸組柱脚の梁間に設けられた構造材だが、土台や布基礎の普及により退化した。
大谷石(おおやいし)
栃木産の凝灰岩の一種で、国内では代表的な軟石。
御神楽(おかぐら)
(1)通し柱を使わずに管柱(くだばしら)のみを使って2階建とする構造。(2)俗に平屋建に2階を増築すること、または、増築した建物。
置敷き(おきじき)
接着剤等を用いずに、床に置くだけのカーペットの敷き方。
押え仕上げ(おさえしあげ)
漆喰(しっくい)やモルタルなど左官工事の最終仕上げの方法として、木ごてや金ごてで強く押えて仕上げたもの。
納まり(おさまり)
建築を構成する部材の取合いや取付け具合、見え掛かりの整い具合や仕上がりの程度など、総合的なでき具合をいう。
押縁(おしぶち)
板材等を押えて留めるために打ち付ける、細長い木または竹をさした。一般的には、ガラスを建具にはめ込む際に用いる細長い部材や板状の仕上材の継手を押さえる部材の呼称。
押し目地(おしめじ)
目地ごてを使ってモルタルやコンクリートの仕上げ面に目地を切ること
お釈迦(おしゃか)
作り損なう事。また、作り損なって使えなくなった物。
追掛け大栓継ぎ(おっかけだいせんつぎ)
略鎌系の継手の一つ。桁、母屋、梁などで持ち出し継ぎの継手としてよく使われる。
押付け仕事(おっつけしごと)
その場限りの手荒な仕事や、出来の良くない仕事をいう。
落し蟻(おとしあり)
L字に取り合う部材に用いる仕口(しぐち)で、一方の材木部に蟻穴を掘り、他方を落とす。
落し掛け(おとしがけ)
床の間や付(つけ)書院の上部小壁を受ける横木のことをいう。
踊り場(おどりば)
階段の途中に設ける足休めの場。
鬼瓦(おにがわら)
大棟(おおむね)や降(くだ)り棟の端部に用いられる瓦の総称で、必ずしも鬼の意匠でなくても鬼瓦と呼ぶ。
帯金物(おびかなもの)
ツーバイフォー工法に用いる各構造部材および壁、床の枠組同士の接合補強金物の一種。
母屋(おもや)
たる木を支える水平材で、棟木に水平に取り付けたもの。
親子扉(おやことびら)
両開きの戸で、左右の大きさが違うものをいう。
親柱(おやばしら)
階段や廊下の手すりの両端部分あるいは曲がり部分にくる、手すりを支える柱。
折り上げ天井(おりあげてんじょう)
天井の形式の一つ。格(ごう)天井の格縁(ごうぶち)を「亀の尾」と呼ばれる曲げ物にして折り上げたもの。
オリエンテッドストランドボード(oriented strand board)(おりえんてっどすとらんどぼーど)
「OSB」とも表記する。木材から切削した木の葉状の薄い削片の繊維方向が揃うように配列したものを3または5層交互に直交させて、圧締・成形した板材。構造用パネルの一種。
温水式(床暖房)(おんすいしき)
床暖房の方式。敷設したパイプに循環ポンプで温水を送り込んで加熱する間接加熱方式。運転コストは電気式より安くすむ。

家づくりの情報

はうすコンビニ加盟店で建てた家

このページの先頭へ