家づくりの情報

失敗しない家づくりのコツ

はうすコンビニとは 〜賢い建築主になるために〜

「家づくり」という人生の一大イベントは、一生に何度も訪れません。
また、大きな費用がかかるので、慎重になるのは当然です。
どうすれば、失敗しない家づくりができるのでしょうか?

一切お任せはダメ
家づくりは、施主と工務店の共同作業です。お金を払っているのだから後は任せっぱなしでは良い住宅はできません。
工務店とは常にコミュニケーションを持ち、意思の疎通を図りながら、家づくりに参加して下さい。
最近は、シックハウス問題をはじめ、家づくりについて、熱心に勉強をしている建築主も多くなりました。
一生に一度の気持ちで臨む家づくりですから、書籍やインターネット等で、さまざまな情報を仕入れて、家づくりの勉強する人は多いのですが、やはり専門的な部分までは、理解できないと思います。
しかし、疑問に思うことは、素人考えで判断せず、必ず工務店に相談しましょう。
専門的な内容を踏まえてコミュニケーションをとることにより、工務店は、建築主の要望することの根拠が理解できるからです。
また、お客様から新たな製品情報を仕入れることもあり、工務店にとってもありがたいことなのです。
やたらに値引きを求めない
住宅建築には、様々な行程があるため、あれこれ考えているうちに予算をオーバーしてしまうことがあります。
しかし、安易に値引きを求めると工務店もヤル気を無くしてしまい、強引に値引きをすれば、家づくりという共同作業が上手くいかなくなるでしょう。
悪質な業者であれば、どこかで手抜き工事をして欠陥住宅になる危険性もあります。
明確な要望を伝えること
予算を含めて「こういう家を建てたい」という要望を明確に工務店に伝えることが大切です。
お客様が工務店に対し、明確で具体的な要求を伝えれば、 工務店としても、お客様の要望に沿う提案ができるというものです。
また、「坪いくら」という予算の立て方も実に曖昧であるため、あくまで目安にとどめておくべきでしょう。
納得して工事に入ったら後は任せる。
契約をする前に、とことん話し合い「この工務店なら安心」と確証を得たならば、後はその業者の腕を信頼し任せることも大事です。
工務店側も任せてもらった以上は、良い仕事をしようと思うので、結果的にはよい家づくりを実現できることになります。
変更は早めに文章で伝える
着工後に気が変わったり、打ち合わせ時点で気が付かなかったことが発生することはよくあることですが、変更箇所が出た場合は、早めに工務店側に変更の意思を伝えましょう。
その際は、文章でしっかりと意見を交換することが、後々のトラブルを防ぐポイントになります。
また、必ず自分の目で確認することも忘れてはいけません。

家づくりの情報

はうすコンビニ加盟店で建てた家

このページの先頭へ