家造りの基礎知識

工法と構造

工法と構造の解説

住宅の選ぶ際に『工法』という言葉をよく耳にします。
しかし、どの工法を使った住宅にどのような特性があり、どのような性能を持つのかを
理解するのは、容易なことではありません。
ここでは、そんな皆様の声を受け、一般の住宅に使われる4種類の工法の特性や性能をまとめました。
ご自身の理想に近い住宅を手に入れるためにも、ぜひ参考にして下さい。

木造軸組工法

日本古来から伝わる木造軸組工法。その特徴は自由度の高いことです。

2×4工法(枠組壁工法)

北米で開発された工法で、耐久性や気密性に優れているのが2×4工法です。

鉄骨造(S造)

シンプルな構造で大空間も可能なのが鉄骨造の特徴です。その特徴を生かし、幅広い用途で利用されています。

鉄筋コンクリート造(RC造)

耐久性、耐火性、耐震性に優れた鉄筋コンクリート造は、デザイン性の高い住宅も可能とします。

家造りの基礎知識


このページの先頭へ