工法と構造

鉄筋コンクリート造(RC造)

高い耐久性、耐火性、耐震性
鉄筋コンクリート造は、圧縮に強いコンクリートと引っ張りに強い鉄筋のそれぞれの長所を組み合わせて一体化させたものです。耐久性、耐火性、耐震性が優れていることが特徴です。

現場で鉄筋を組み、型枠をはめたところにコンクリートを流し込み、養生して躯体をつくるので、建物自体の重量が増します。地盤の弱い地域では注意が必要です。
デザイン性の高い住宅も可能
コンクリートを乾燥させる期間が必要なため工期は他の工法よりも長く、建築コストも高めです。一戸建て住宅から高層ビルまでできますが、一戸建てでは壁式構造が多いようです。コンクリートは、型枠次第でどんな形にもつくれるのが特徴です。プランの自由度が高いため、工夫次第でデザイン性の高い住宅がつくれます。
鉄筋コンクリート造(RC造)

家造りの基礎知識


このページの先頭へ