工法と構造

鉄骨造(S造)

シンプルな構造で大空間も可能
鉄骨の柱や梁を組み上げて構成します。柱と梁からなるシンプルな構造で、柱と柱の間を大きく取ることができ、大空間や大きな窓が可能です。大空間がつくれることから、店舗併用住宅や賃貸併用住宅にも適しています。また、鉄筋コンクリート造に比べて軽いので、高層ビルにも採用されています。
工期の短さもポイント
骨組みとなる鉄骨の太さで、軽量鉄骨造と重量鉄骨造に分けられます。後者では鉄骨の柱や梁をボルトや溶接などで組んでつくる鉄骨ラーメン工法が主流です。3階建て以上の建物には重量鉄骨造が多くなります。施工方法は鉄筋コンクリート造よりもシンプルで、工期も短くて済みます。

鉄は火に弱い材料ですが、通常鉄骨の周りに火に強い耐火被覆を施すことで、耐火建築物とすることも可能です。
鉄骨造(S造)

家造りの基礎知識


このページの先頭へ