工法と構造

2×4工法(枠組壁工法)

面で支える工法
木造軸組工法が軸で支えるのに対して、ツーバイフォー工法は床、壁、天井、屋根の「面」で支える工法です。主な部材の断面寸法が2インチ×4インチであることからツーバイフォー工法と呼ばれています。

もとは19世紀初めの北米で、限られた資材で合理的に建てることができ、丈夫で快適な家が必要とされた時代に開発された工法です。日本での正式名称は「枠組壁工法」と言います。

それぞれの面は規格化された部材で枠を組み、構造用合板を釘で張り付けてつくられます。用いられる部材の種類が少なく、構造もつくり方もシンプルで、構造部材から釘に至るまで種類やサイズ、施工方法も公的基準によって厳密に規定されています。そのため、できあがりにバラツキが出にくいのが特徴です。
地震や風に強く気密性も高い
6面体で支えるため、開口部や吹き抜けにやや制限がありますが、地震や風のような横から加わる力に強く、構造体の隙間がなく気密性が高いのも特徴です。

さらに高い耐火性能が認められ「耐火構造」の認定を受け、防火地域での3階建ても可能になっています。

家造りの基礎知識


このページの先頭へ