工法と構造

木造軸組工法

軸で構成される日本古来の工法
木の柱と梁、筋かいで躯体を構成します。設計の自由度が高く、開口も大きくとれる木造軸組工法は、木材を使って大工さんが建てる日本古来の工法で、在来工法とも呼ばれています。

和風、洋風などどのような意匠でも可能ですが、きちんとした和風建築を造りたい場合は、木造軸組み工法に勝る工法はありません。

コンクリートの基礎に土台を載せ、柱を垂直に固定して梁を架けて、柱と柱の間に筋かいという斜めの木材を入れて補強します。このように骨組みが木材による横軸と縦軸、斜めの軸で構成されるのが木造軸組工法の特徴です。軸組を構成する木材は役割ごとに断面の大きさが異なり呼び名も異なります。
間取りの自由度が高い
筋かいの入る壁(耐力壁)をバランス良く配置することで、耐震性を確保します。以前は大工さんの腕に頼ることが多かったのですが、最近では精密に機械加工された木材を使うことが増え、接合部を補強する金物もふんだんに用いられて、個人の技術力によるバラツキは解消される方向にあります。

軸で構成するため、構造上の制約が比較的少なく、間取りの自由度が高いのも大きな特徴のひとつで、変形敷地や狭小敷地での建築にも適しています。強度に優れた集成材を使うケースも増え、柱の少ない大空間も可能になっています。

さらに高い耐火性能が認められ「耐火構造」の認定を受け、防火地域での3階建ても可能になっています。
木造軸組工法

家造りの基礎知識


このページの先頭へ