失敗しない家づくり

第3話 秋山家の後悔 「家づくりは妻主導型のほうが上手くいく?」

第3話 秋山家の後悔 「家づくりは妻主導型のほうが上手くいく?」
 
モデルハウス見学から完成まで、妻の意見をほとんど聞き入れず、終始夫のペースで進んだ秋山家の家づくり。その結果、秋山夫妻の未来は大きく変わってしまったのです。

(原作: 中川しげあき / 作画: カネダ工房)

このマンガを読む
 
家づくりの失敗を防ぐためのアドバイス
住んでから判る、間取りの悪さ・使い勝手の悪さ・断熱防音気密性などの性能面の悪さ・構造欠陥・雨漏りなどの問題が発生すると、その家に住むかぎり不具合はついてまわります。そこに何らかの夫婦間のトラブルが発生すると、「そもそもこの家だって夫が勝手に進めて決めたもの。私の思いも無視だし意見も聞いてくれなかった。お陰でこの有様だわ。こんな家に一生住むなんて我慢できない」と家への不満が一挙に噴き出して夫婦喧嘩を増幅させてしまうのです。

家づくりの主役は妻に譲り、夫は、営業マンとの交渉の場面では妻の代理人として頑張り、資金計画に万全を期すなど黒子に徹するのが夫婦円満の秘訣かもしれません。
建築コンサルタント 中川 惠章

家造りの基礎知識

このページの先頭へ