知って得する優遇制度

介護保険制法に基づく住宅改修


介護保険で要支援、要介護の認定を受けた方は、在宅でより快適な生活を確保するために行う住宅改修について、支払額の9割(利用限度額20万円)が、介護保険から支給されます。住宅改修は、施工前の事前申請が必要です。
住宅改修のサービス
□ 支給対象
要支援〜要介護5と認定された方で、在宅で生活し住宅改修が必要とされる方(事前申請)。
□ 利用限度額
現住居につき20万円(限度)。
要介護度が3段階以上進んだ場合、または転居した場合に再度20万円限度で利用できます。
  • ご利用者負担額は1割です。
  • お支払方法は償還払いです。
    ご利用者が一旦購入費の全額を購入業者に払い、後に9割の払い戻しを受ける「償還払い」でのお支払となります。
住宅改修から住宅改修費支給までの流れ
1. 住宅改修プランの相談・検討
住宅改修プランの相談・検討
2. 各市町村の窓口へ事前申請
各市町村の窓口へ事前申請
3. 改修工事施工
改修工事施工
4. 工事完了後、お客様が施工会社へ
  全額(10割)お支払い。
工事完了後、お客様が施工会社へ支払い
5. 各市町村の窓口へ申請
各市町村の窓口へ申請
6. 市区町村よりお客様ご指定口座へ
  お支払い金額の9割を払い戻し

 (支給利用限度額内に限る)
市区町村よりお客様ご指定口座へ払い戻し

介護保険の改修費支給対象の住宅改修の項目
1.手すりの取り付け
廊下・トイレ・浴室・玄関などに、転倒予防や移動・移乗のために設置する工事。
2.段差の解消
敷居を低くする、スロープを設置する
3.床材の変更
部屋や浴室等の床材を滑りの防止や円滑運動等のために、滑りにくいものに変更する工事。
4.引き戸等への扉の取替え
開き戸を引き戸・折り戸・アコーディオンカーテン等に取り替える工事、ドアノブの変更、戸庫の設置工事。
5.便器の取替え
和式便器を洋式便器に取り替える工事。
6.1〜5の住宅改修に付帯する工事
  1. 手すりの取り付けのための壁の下地補強等。
  2. 浴室の床段差の解消に伴う給排水設備工事等。
  3. 床材の変更のための下地や根太の補強等。
  4. ドアの取替えに伴う壁や柱の改修工事等。
  5. 便器の取替えに伴う給排水工事、床材の変更等。
介護保険が適用される住宅改修の一例

※画像をクリックすると詳細図が表示されます。

玄関
玄関
廊下
廊下
階段
階段

寝室
寝室
トイレ
トイレ
浴室
浴室

※市区町村によって異なる場合があります。
※記載内容は法改正等により変更される場合があります。
介護保険制度を利用した住宅改修を取り扱う主な加盟店
輪和建設株式会社(奈良県) 有限会社ウイング(奈良県)
株式会社リフォー夢プラザ(京都府) 有限会社ハーティーホーム(新潟県)

※このコンテンツは弊社「介護用品なび」に掲載されたものです。介護用品をお探しの方はこちらもご覧下さい。


家造りのコスト


このページの先頭へ